home > 私たちの試み > 五反田病院陸上部日記

 

指宿マラソンの感想

2016.04.23

今まで一度も長距離の経験がなく、練習では10km程度しか走ったことがなかったため、ゴールできるのかものすごく不安でした。25kmを超えると、次第に足に疲労がたまりだし、”もう嫌だ”と思うこともありました。でも、そんな時に沿道の方々からの声援やハイタッチにパワーをもらい、頑張る意欲をもらえ、本当に人の力ってすごいなと感じました。ゴール直前まで、チームの皆さんが応援してくれ、5人で一緒にゴールした瞬間はものすごい充実感と達成感を得ることができ、とてもうれしかったです。 今回のフルマラソン完走は、自分一人の力では成し遂げることが出来なかったと思います。練習につき合ってくれた友人、アドバイス・伴走をしてくれた先生やチームのみんな、友人たちのおかげで走りきることができたのだと思います。走っている最中は、きつい・辛いという思いもあったけど、とても貴重で良い経験になりました。