home > 私たちの試み > 五反田病院最新お知らせ

 

2023.12.23

もうすぐクリスマス~という時期に 病棟の廊下に貼られてあった Xmasオーナメント。
よく見ると「入院患者様と制作しました」と説明書きがありました。

色紙を小さくちぎり貼り付けた「ちぎり絵」です。日頃は1人づつ 塗り絵やちぎり絵など小さな作品をリハビリ作業として行っているようですが
  

Xmasの気分を味わってもらおうと リハビリスタッフが 準備したのだと思われます。 サイズも大きなものですし、患者さんもリハビリスタッフも大変だったのではないでしょうか? それでも、出来上がったクリスマスツリーのちぎり絵を眺めていると、患者さん同士おしゃべりしながら リハビリスタッフと共に楽しそうに作業してる風景が思い浮かびます。
 

  

みなさんにとって 楽しいクリスマスが訪れますように。  外来看護師 金子


 

2023.12.20

12月16日、五反田病院では4年ぶりの忘年会を開催しました。 コロナ禍の影響で、中止続きになっていましたが「今年は、必ず忘年会を開催します!」と、院長が明言されていました。 その言葉通り、当院の職員、非常勤の先生方や来賓の方々など多数の参加があり盛大行われました。 ワタシの席は最後列だったので、前のステージでスピーチされている理事長の姿が目視出来ないほどでした。。
  
会の冒頭には、「history of gotanda hospital」と題して五反田病院の4年間の活動を綴ったムービーが流されました。 完成度の高さに皆 見入っていました。

それから 多少の歓談時間はあったものの新人職員チームによるパフォーマンスが始まり笑いの渦へ。 連日、仕事が終わった後 一生懸命練習をしていましたね。
  

息の合ったキレ・キレのダンス♪ マリオのコスチュームでコミカルなパフォーマンス♪ 笑いの渦を作り上げていました。 緊張で震えていたのに~みなさん流石です。
  
  
次は「大抽選会」 的は、回る手作り巨大ダーツ・・・まるで年末宝くじの抽選会場のようにも見えます。予め各自 番号クジを握っています。 ダーツの矢が自分の番号に当たれば賞品が貰えるのです。 矢を投げるのは来賓のみなさまです。 賞品は「テレビ」「掃除機」「電子レンジ」「ホットプレート」「ルンバ」「イヤフォン」「トウモロコシ焼き器」などな、ど豪華すぎて会場がどよめきます。的に当たらなかった人にも、もれなく「ネイルケア」グッズが配られました。
       
そんな中、10年・20年・30年の永年勤続表彰も行われました。

10年前は「五反田胃腸科外科病院」でした。五反田病院の変革を見続けてきたメンバーで、勤務年数が長いほど 思い入れも深くスピーチではしんみりする場面もありました。
  

会場は、イベント盛り沢山で 始終 笑いや歓声が起こり「ここは、ライブ会場かな?」と思うくらい楽しい忘年会でした。

職員の頑張りを認めてくれ 労をねぎらうために精一杯のアイデアと費用を出して頂いた院長・理事長~ありがとうございました。忘年会実行委員会の方々の影の苦労は計り知れません、お疲れさまでした。
今年も残りわずか、健康で頑張っていきましょう!     外来看護師 金子


1 5 6 7 8 9 10 11 12 13 225