home > 私たちのこと > 院長あいさつ

日田市の基幹病院としての役割の一端を担えるように、

平成28年5月1日をもちまして、

父利幸より院長職を譲り受けました五反田清和です。 五反田病院は、36年の歴史を刻み、今では病床数66床、職員も100名を超え、毎日多くの患者さんに御来院して頂いております。一人一人の患者さんが、満足し納得した治療を受けて帰られているかという事を常に考え、これまで以上に患者さんと心が通った関係を構築できるよう、職員一同ONE TEAMとなり頑張っていこうと思います。理事長が掲げた無窮の精神のもと、地域の先生方との連携をよりいっそう深め、日田市の基幹病院としての役割の一端を担えるように、日々精進していきたいと思います。


理事長あいさつ 日田と共に生きた35年の歴史